天孫降臨

【読み】 てんそんこうりん
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 5級

【天孫降臨の解説】

【意味】 天孫降臨とは、記紀(古事記と日本書記)神話で、瓊瓊杵尊が天照大神の命を受けて、高天原から日向の高千穂峰に天下ったこと。
【注釈】 「天孫」とは、天上界の神の子孫。ここでは天照大神の孫である瓊瓊杵尊のこと。
「降臨」とは、神仏が天上から地上に来臨すること。
【故事】
【出典】 『日本書記』神代紀
【注意】
【類義語】
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス