天網恢恢

【読み】 てんもうかいかい
【その他の読み】
【別表記】 天網恢々
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準1級

【天網恢恢の解説】

【意味】 天網恢恢とは、天は悪事を見逃さないということ。また、善は栄え、悪は滅びるということ。
【注釈】 「天網」とは、天が悪人を捕らえるために張りめぐらす網のこと。
「恢恢」とは、広く大きいさま。
天が悪人を捕らえるために張りめぐらせた網は大きく目が粗いようだが、決して漏らすことはないという意から。
「天網恢恢疎にして漏らさず」「天網恢恢疎にして失わず」の略。
『老子・七三章』に「天網恢恢疎にして失はず」とみえる。
【故事】
【出典】 『老子』七三章
【注意】 「網」を「綱」と書くのは誤り。
【類義語】 勧奨懲戒/勧善懲悪天罰覿面/天羅地網/破邪顕正/撥乱反正/網目不疎
【対義語】 天網之漏

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス