知行合一

【読み】 ちこうごういつ
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 5級

【知行合一の解説】

【意味】 知行合一とは、本当の知とは実践を伴わなければならないということ。知識と行為は一体であるということ。
【注釈】 「知行」は、知識と行為の意。
「知行合一説」の略で、中国明の王陽明が先知後行説に対して唱えた、陽明学の学説。
『伝習録』に「理を吾が心に求むるは、此れ聖門の知行合一の教へにして、吾子又何ぞ疑はん」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 『伝習録』
【注意】 「知行」を「ちぎょう」と読むのは誤り。
【類義語】 知行一致
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス