屠所之羊

【読み】 としょのひつじ
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 1級

【屠所之羊の解説】

【意味】 屠所之羊とは、刻々と死に近づく者のたとえ。また、不幸に直面して気力を失った者のたとえ。
【注釈】 「屠所」は屠殺場のこと。家畜を殺して解体し、加工するところ。 屠殺場にひかれていく羊の意から。 無常観の表現としても使われる。 『涅槃経』に「朝露の勢いの久しく停まらざるが如く、囚の市に趣き歩歩死に近づくが如く、牛羊の牽かれて屠所に詣づるが如し」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 『涅槃経』三八
【注意】
【類義語】
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス