屠羊之肆

【読み】 とようのし
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 1級

【屠羊之肆の解説】

【意味】 屠羊之肆とは、分相応な本来の職業のたとえ。
【注釈】 「屠」は牛馬を殺すこと、「肆」はここでは店の意。
羊を殺してその肉を売る店のこと。
『荘子・譲王』に「夫れ三珪の位は、吾れ其の屠羊之肆よりも貴きを知れり」とある。
【故事】 中国春秋時代、追われていた楚の昭王に付き添った屠羊説に対し、無事に帰国できたとき恩賞を与えようとしたが、「元の職業に戻れたことこそが賞であり、それ以外に頂くのは筋違いです」と辞退をくり返したという故事に基づく。
【出典】 『荘子』譲王
【注意】
【類義語】
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス