有為転変

【読み】 ういてんぺん
【その他の読み】 ういてんべんういてんでん
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 4級

【有為転変の解説】

【意味】 有為転変とは、この世は常に移り変わり、とどまることなく変化するものだということ。また、この世が無常ではかないものであることのたとえ。
【注釈】 「有為」は仏教語で、因縁によって生じた様々な現象、すなわち世の中の万物をいう。
「転変」とは、無常であること。
【故事】
【出典】
【注意】 「有為」を「ゆうい」と読むのは誤り。
「転変」を「天変」と書くのは誤り。
【類義語】 有為無常/盛者必衰諸行無常生生流転泡沫夢幻夢幻泡影
【対義語】 一定不変/永遠不変/永久不変/恒久不変/万古不易

【使用漢字】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

有為転変(ういてんぺん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
有為転変は世の習いの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス