右顧左眄

【読み】 うこさべん
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】 左顧右眄左眄右顧
【訓読】
【漢検級】 1級

【右顧左眄の解説】

【意味】 右顧左眄とは、周囲の環境や意見を気にして、決断できないでいること。
【注釈】 右を見たり左を見たり、ためらい迷うことから。
「顧」は、見回す・気にかける意。
「眄」は、横目でちらりと見ること。また、かえりみること。
もとは、周囲を気にせず、ゆったりと余裕のあることを言ったことばであった。
【故事】
【出典】
【注意】 「右」を「ゆう」と読むのは誤り。
【類義語】 右往左往/右顧左顧/内股膏薬/狐疑逡巡/左顧右視/左顧右盼/左視右瞻/左瞻右視/左右傾側/首鼠両端/遅疑逡巡左見右見二股膏薬
【対義語】 知者不惑

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス