夜郎自大

【読み】 やろうじだい
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 4級

【夜郎自大の解説】

【意味】 夜郎自大とは、世間知らずで、知識も実力もないのにいばっている者のたとえ。
【注釈】 「夜郎」は、中国の西南にあった小国の名。
「自大」とは、自ら誇り高ぶること。
【故事】 中国の前漢時代、夜郎国の王は自国だけが大国だと思い込み、漢帝国の大きさを知らず漢の使いが来たときに「我が国と漢ではどちらが大きいか」とたずねたという故事に基づく。
【出典】 『史記』西南夷伝
【注意】 「夜郎」を「野郎」、「自大」を「時代」と書くのは誤り。
【類義語】 坎井之蛙/自高自大/蜀犬吠日/井蛙之見/尺沢之鯢/用管窺天/遼東之豕
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス