馬耳東風

【読み】 ばじとうふう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 4級

【馬耳東風の解説】

【意味】 馬耳東風とは、人の意見や批評をまったく心に留めず、聞き流すことのたとえ。
【注釈】 「東風」とは、東から吹く風。春風。
春風が吹けば人は心地よいと感じるものだが、馬は何の感動も示さないことから。
「東風、馬耳を射る」の略で、李白の詩「王十二の寒夜独酌懐う有るに答う」に「世人此れを聞きて皆頭をふる、東風の馬耳を射るが如き有り(世の中の人々はみなこれを聞くと頭を振り、聞き入れない。春風を馬の耳に吹きつけるようなものであるの意。)」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 李白「王十二の寒夜独酌懐う有るに答う」
【注意】
【類義語】 呼牛呼馬/対牛弾琴/対驢撫琴
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス