文明開化

【読み】 ぶんめいかいか
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 5級

【文明開化の解説】

【意味】 文明開化とは、人知や技術が進み、世の中が進歩すること。
【注釈】 「文明」とは、人知や技術が進んで世の中が開け、物質的・精神的に豊かになった状態のこと。
「開化」は、新しい知識・文化により世の中が開けること。
特に明治初期、日本が西洋の文化を積極的に取り入れ近代化・西洋化した現象をさす。
【故事】
【出典】
【注意】 「開化」を「開花」と書くのは誤り。
【類義語】
【対義語】 未開野蛮/野蛮草昧

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス