一衣帯水

【読み】 いちいたいすい
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 5級

【一衣帯水の解説】

【意味】 一衣帯水とは、帯のように細長い川や海。また、非常に近しい関係のたとえ。
【注釈】 ひとすじの細長い川のように狭い隔たりがあるだけで、きわめて近接していることから。
語構成は、「一」+「衣帯」+「水」。
「一」は、一筋の意。
「衣帯」とは、衣服の帯のこと。転じて、細く長いたとえ。
「水」は、川や海などのこと。
【故事】 隋の文帝が南朝陳の悪政を見て、討伐を思い立ったときのことば。
『南史』陳後主紀にある「我、百姓の父母たり。豈に一の衣帯の水を限りて、之を拯けざるべけんや。(私は人民の父母である。帯の様な一本の川(長大な揚子江)の隔たりがあるというだけで、どうして彼らを救わずにいようか)」という故事に基づく。
【出典】 『南史』陳後主紀
【注意】
【類義語】 衣帯一江/衣帯之水/一牛吼地/一牛鳴地
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス