一期一会

【読み】 いちごいちえ
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準2級

【一期一会の解説】

【意味】 一期一会とは、一生に一度だけ出会うこと。また、生涯に一度だけの貴重な出会い。
【注釈】 「一期」は、仏教で生まれてから死ぬまでの意。
茶人の千利休の弟子である山上宗二が言った「一期に一度の会」という言葉に基づく。
本来は茶道の心得から出た言葉であり、その日の茶会での出会いは一その一度限りなのだから、そういう覚悟で誠実な心で人と接するべきだということ。
【故事】
【出典】 『茶湯一会集』
【注意】 「一期」を「いっき」、「一会」を「いっかい」と読むのは誤り。
【類義語】
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

一期一会(いちごいちえ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
一期一会の意味・語源・由来 - 語源由来辞典
一期一会の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス