開眼供養

【読み】 かいげんくよう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準2級

【開眼供養の解説】

【意味】 開眼供養とは、新しい仏像や仏画に目を描き込んで魂を入れる法要のこと。
【注釈】 「開眼」は、仏の眼を開くこと。仏の魂を入れる意。
「供養」とは、死者の霊に物を供えて祭る儀式。
【故事】
【出典】
【注意】 「開眼」を「かいがん」、「供養」を「きょうよう」などと読むのは誤り。
【類義語】 開眼法要/処女航海
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス