隔靴掻痒

【読み】 かっかそうよう
【その他の読み】 かくかそうよう
【別表記】 隔靴掻癢
【類形同義語】
【訓読】 靴を隔てて痒きを掻く(くつをへだててかゆきをかく)
【漢検級】 1級

【隔靴掻痒の解説】

【意味】 隔靴掻痒とは、思い通りにならず、じれったいこと。はがゆいこと。
【注釈】 痒い足を靴を隔てて掻くと、思うように掻けず、もどかしいことから。
【故事】
【出典】 『景徳伝灯録』二二・福州康山契穏法宝大師
『南宋』阮閲・詩話総亀
【注意】
【類義語】 隔靴之掻/隔靴爬痒/掉棒打星
【対義語】 麻姑掻痒

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス