鶏口牛後

【読み】 けいこうぎゅうご
【その他の読み】
【別表記】 雞口牛後
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 3級

【鶏口牛後の解説】

【意味】 鶏口牛後とは、たとえ小さな集団でもその中で長になるほうが、大きな組織や集団の末端で使われるよりもよいというたとえ。
【注釈】 「鶏口となるも牛後となるなかれ」の略。
「鶏口」とは、鶏の口の意味から転じて、小さな団体の長のたとえ。
「牛後」とは、牛の尻の意味から転じて、大きな団体に従って使われる者のたとえ。
【故事】 中国戦国時代の遊説家・蘇秦が漢王に小国でも一国の王として権威を保つのがよ大切と説き、合従策を勧めたという故事による。
後に蘇秦は六国の宰相となった。
【出典】 『史記』蘇秦列伝
『戦国策』韓策
【注意】
【類義語】 鶏尸牛従
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス