窮猿投林

【読み】 きゅうえんとうりん
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】 窮猿林に投ず(きゅうえんはやしにとうず)
【漢検級】 準2級

【窮猿投林の解説】

【意味】 窮猿投林とは、困っているときには選り好みなどしていられないということ。
【注釈】 「窮猿」は、窮地に追い込まれた猿の意。
「投林」は、林に飛び込む意。
追い詰められて林に飛び込んだ猿は、どの木に登ろうかなどと選り好みしている暇はないことから。
『晋書・李充伝』に「窮猿林に投じて豈に木を択ぶに暇あらんや」とみえる。
【故事】 東晋の李充は、将軍の参謀に薦められたとき、軍人では家の貧窮を救えないと判断し、それより位の低い県長官を選んだという。
【出典】 『晋書』李充伝
『世説新語』
【注意】
【類義語】 窮猿奔林
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス