鏡花水月

【読み】 きょうかすいげつ
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】 水月鏡花
【訓読】
【漢検級】 5級

【鏡花水月の解説】

【意味】 鏡花水月とは、目で見ることはできるが、手に取ることができないもののたとえ。はかない幻のたとえ。また、言葉では説明できないような奥深い味わいのたとえ。
【注釈】 「鏡花」は鏡に映った花、「水月」は水に映った月のことで、ともに、目には見えるが実際に手に取ることができないことから。
「鏡花水月法」は、漢文などであからさまに説明せず、ただその姿をありありと思い浮かばせる表現法をいう。
『詩家直説』に「詩に解すべくして解すべからざること、鏡花水月のごとき」とみえる。
【故事】
【出典】 『詩家直説』
【注意】
【類義語】 水月鏡像
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス