温良恭倹

【読み】 おんりょうきょうけん
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準2級

【温良恭倹の解説】

【意味】 温良恭倹とは、穏やかで素直で、他人に対してはうやうやしく自分に対しては慎み深いこと。
【注釈】 「温」は穏やか、「良」は素直、「恭」は人にうやうやしく、「倹」は自分に慎み深い意。
『論語』では、孔子の弟子である子貢がこの四つの五に「譲」を加えた五つの徳を孔子が備えていると評している。
『論語・学而』に「子貢曰はく、夫子は温良恭倹譲、以て之を得たり、と」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 『論語』学而
【注意】
【類義語】 温厚質実/温厚篤実温柔敦厚/温順篤実/温良篤厚/眉目温厚
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス