切磋琢磨

【読み】 せっさたくま
【その他の読み】
【別表記】 切瑳琢磨
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 1級

【切磋琢磨の解説】

【意味】 切磋琢磨とは、学問、技芸、道徳などをよりいっそうみがき上げることのたとえ。また、志を同じくする友人同士が競争・激励し合って、共に向上することのたとえ。
【注釈】 切磋の「切」は骨や象牙を切ることで、「磋」はそれらをやすりなどで磨くこと。
琢磨の「琢」は玉や石を打ち叩き形を整えることを意味し、「磨」は磨くこと。
『詩経・衛風・淇奥』に「切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如く」とあるのに基づく。
細工師の技工や、作られた細工品にたとえ、衛の武公を称えたことばから。
【故事】
【出典】 『詩経』衛風・淇奥
【注意】
【類義語】 砥礪切磋/鍛冶研磨
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス