四面楚歌

【読み】 しめんそか
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準1級

【四面楚歌の解説】

【意味】 四面楚歌とは、周りすべてを敵に囲まれ、孤立した状態のたとえ。
【注釈】 「四面」は四方・周囲すべて、「楚歌」は楚の地方の歌のこと。
『史記・項羽本紀』に「夜、漢軍の四面皆楚歌するを聞き、項王乃ち大いに驚きて曰はく、漢皆喪已に楚を得たるか。是れ何ぞ楚人の多きや、と」とあるのに基づく。
【故事】 中国漢初、漢の劉邦と戦っていた楚の項羽の軍は、垓下(現在の安徽省)に追い詰められた。
夜になると、楚の軍を取り囲んだ漢軍がみな、項羽の出身地である楚の歌を歌い始め、これを聞いた項羽は、漢がすでに楚を降伏させたと嘆いたという故事による。
【出典】 『史記』項羽本紀
【注意】
【類義語】 孤軍重囲/孤軍奮闘孤立無援
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

四面楚歌(しめんそか)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
四面楚歌の意味・語源・由来 - 語源由来辞典
四面楚歌の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス