修身斉家

【読み】 しゅうしんせいか
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】 身を修め家を斉う(みをおさめいえをととのう)
【漢検級】 準2級

【修身斉家の解説】

【意味】 修身斉家とは、自分の身を修め、行いを正し、家庭をととのえ治めること。
【注釈】 「修身」とは、心がけや身の行いを正すこと。
「斉」は整えるの意で、「斉家」とは家庭を整え治めること。
儒教の基本的な政治観であり、「終身(身を修め)、斉家(それを家庭に及ぼして家を整え)、治国(その後に国を治め)、平天下(天下を平和に保つこと)」と表される。
『大学』に「其の家を斉へんと欲する者は、先づ其の身を修む」とみえる。
【故事】
【出典】 『大学』
【注意】 「斉家」を「さいか」と読むのは誤り。
【類義語】 救国済民/救世済民/経国済民/経世済民
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

修身斉家(しゅうしんせいか)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス