大器晩成

【読み】 たいきばんせい
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 5級

【大器晩成の解説】

【意味】 大器晩成とは、偉大な人物は往々にして大成するのが遅いことのたとえ。
【注釈】 「大器」とは、大きな器のこと。転じて、大人物の意。
「晩成」とは、遅くにできあがること。年とってから成功すること。
大きな器は、出来上がるまでに時間がかかるものだということから。
『老子』四一章に「大方は隅無く、大器は晩成す」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 『老子』四一章
【注意】 「晩成」を「晩生」と書くのは誤り。
【類義語】 快犢破車/大才晩成/大本晩成
【対義語】 栴檀双葉

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス