亭主関白

【読み】 ていしゅかんぱく
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】

【亭主関白の解説】

【意味】 亭主関白とは、家の中で夫が絶対的な権力を握っていること。また、威張っていること。
【注釈】 「亭主」は、夫の意。
「関白」とは、平安時代中期以降、天皇を補佐して政務を執り行った重職のこと。転じて、権力や威力が非常に強い者のたとえ。
批判的な意味で使われることが多い。
「亭主関白」の反対語に「嬶天下(かかあてんか)」がある。
【故事】
【出典】
【注意】
【類義語】
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス