玩物喪志

【読み】 がんぶつそうし
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】 物を玩べば志を喪う(ものをもてあそべばこころざしをうしなう)
【漢検級】 2級

【玩物喪志の解説】

【意味】 玩物喪志とは、無用なものに心を奪われ、志を失うということ。また、学問で細かい部分にとらわれ、本質を見失うこと。
【注釈】 「玩」はもてあそぶの意で、「玩物」は無用のものをもてあそぶこと。
「喪志」とは、志をうしなうこと。
『書経・旅獒』にある「人を玩べば徳を喪い、物を玩べば志を喪う」に基づく。
【故事】
【出典】 『書経』旅獒
【注意】
【類義語】 玩人喪徳/恍然自失/忘我混沌/無我夢中
【対義語】 虚心坦懐

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス