拈華微笑

【読み】 ねんげみしょう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 1級

【拈華微笑の解説】

【意味】 拈華微笑とは、言葉や文字を使わず、心から心へ伝えること。
【注釈】 「拈」は、指先でひねるの意。
「華」は、草花の総称。
「微笑」は、ほほえむこと。
【故事】 釈迦が霊鷲山で弟子たちに説法をしていたとき、釈迦は蓮の花をひねってみせた。
弟子たちは理解できずに沈黙していたが、迦葉だけは意味を悟ってにっこりとした。
それを見た釈迦は、迦葉が言葉では理解できない仏法の奥義を理解できる者として、彼に仏法の奥義を授けたという故事に基づく。
【出典】 『五灯会元』
【注意】 「微笑」を「びしょう」と読むのは誤り。
【類義語】 以心伝心/感応道交/神会黙契/拈華破顔/不立文字/黙契秘旨/維摩一黙
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス