漱石枕流

【読み】 そうせきちんりゅう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】 枕流漱石
【訓読】 石に漱ぎ流れに枕す(いしにくちすすぎながれにまくらす)
【漢検級】 1級

【漱石枕流の解説】

【意味】 漱石枕流とは、負け惜しみの強いこと。屁理屈を並べ言い逃れをすること。
【注釈】 俗世間を離れ自由に暮らす意味の「枕石漱流」を誤ったことからできた言葉。
夏目漱石の「漱石」は、この言葉の故事に由来する。
【故事】 中国の六朝時代、晋の孫楚が「石に枕し流れに漱ぐ」と言うべきところを「石に漱ぎ流れに枕す」と言い間違ったが、「石に漱ぐは歯を磨くため、流れに枕するは耳を洗うためだ」と言い張って誤りを認めなかったという。
【出典】 『世説新語』排調
『晋書』孫楚伝
【注意】 「枕流」を「沈流」と書くのは誤り。
【類義語】 一言居士/一徹短慮/頑固一徹/頑固偏狭/牽強付会/指鹿為馬/孫楚漱石/偏狭頑固
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス