阿鼻叫喚

【読み】 あびきょうかん
【訓読】
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【漢検級】 準1級

【阿鼻叫喚の解説】

【意味】 阿鼻叫喚とは、非常に悲惨な状況に陥った人が、泣き叫び救いを求めているさま。また、悲惨でむごたらしいさま。
【注釈】 「阿鼻」は、仏教で説く八大地獄の第八で、地下の最深部にある最悪の地獄。父母を殺すなどの最大の罪を犯した者が落ち、身を焼かれ絶え間なく苦しみを受ける。
「叫喚」とは、泣き叫ぶこと。同じく八大地獄の一つ。
阿鼻地獄に落ちた者が、わめき泣き叫ぶさまからできたことばといわれている。
【故事】
【出典】 『法華経』法師功徳品
【注意】 「叫喚」を「狂喚」と書くのは誤り。
【類義語】 阿鼻地獄/叫喚地獄/焦熱地獄/八大地獄/八大奈落/八熱地獄/八万地獄/八万奈落/無間地獄/無間奈落
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス