泰山北斗

【読み】 たいざんほくと
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準2級

【泰山北斗の解説】

【意味】 泰山北斗とは、その道の権威・第一人者のたとえ。
【注釈】 「泰山」とは、中国の山東省にある名山の名。
「北斗」は、北斗七星。
泰山も北斗七星も、ともに誰もが仰ぎ尊ばれるものであることから。
略して「泰斗」ともいう。
『新唐書・韓愈伝・賛』に「愈の没してより、其の言大いに行はれ、学者之を仰ぐこと、泰山北斗のごとしと云ふ」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 『新唐書』韓愈伝・賛
【注意】
【類義語】 天下無双/天下無敵/斗南一人
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス