斗南一人

【読み】 となんのいちにん
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 3級

【斗南一人の解説】

【意味】 斗南一人とは、天下第一の人。並ぶ者がいないほどすぐれた人の形容。
【注釈】 「斗南」は北斗七星より南の意。転じて、天下のこと。
『唐書・狄仁傑伝』に「狄公の賢、北斗以南一人にして已む」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 『唐書』狄仁傑伝
【注意】 「一人」を「ひとり」と読むのは誤り。
【類義語】 海内無双/寡二少双/挙世無双/国士無双泰山北斗天下一品/天下第一/天下無双/天下無敵/天下無比/天下無類/当代第一/当代無双
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

斗南一人(となんのいちにん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス