天下無双

【読み】 てんかむそう
【その他の読み】 てんがむそうてんかぶそうてんがぶそう
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】 天下に双ぶ無し(てんかにならぶなし)
【漢検級】 3級

【天下無双の解説】

【意味】 天下無双とは、世の中に並ぶものがないほどすぐれているさま。また、そのような人。
【注釈】 「天下」とは、全世界の意。
「無双」とは、ならぶものがないこと。
『史記・李将軍伝』に「李広の才気、天下無双なり。自ら其の能を負み、数虜と敵戦す。恐らくはこれを亡わん」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 『史記』李将軍伝
【注意】
【類義語】 海内無双/寡二少双/挙世無双/国士無双古今無双泰山北斗天下一品/天下第一/天下無敵/天下無比/天下無類/当代第一/当代無双/斗南一人
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス