和敬清寂

【読み】 わけいせいじゃく
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 4級

【和敬清寂の解説】

【意味】 和敬清寂とは、茶道で、主人と客が互いに心をやわらげ慎み敬い、茶室などの雰囲気を清らかに保つこと。
【注釈】 「和」「敬」は、ともに主人と客の心得をいう。
「清」「寂」は、ともに茶庭・茶室・茶具などに関する心得をいう。
安土桃山時代の茶人である千利休が、茶道の精神・心得を表すことばとして使ったといわれる。
【故事】
【出典】
【注意】 「清寂」を「静寂」と書くのは誤り。
【類義語】 斎戒沐浴精進潔斎六根清浄
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス