一心不乱

【読み】 いっしんふらん
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 5級

【一心不乱の解説】

【意味】 一心不乱とは、一つのことに集中して、他のことに気をとられないこと。
【注釈】 「一心」は、一つのことに心を集中すること。
「不乱」は、心を乱されることがないこと。
『阿弥陀経』に「一心不乱ならば、その人命終わるときに臨んで、阿弥陀仏はもろもろの衆生とともに、その前に現前したもう」とある。
【故事】
【出典】 『阿弥陀経』
【注意】
【類義語】 一意攻苦/一意専心一念発起/一心一意/一心一向/一心発起/精神一到/打成一片/熱烈峻厳/不解衣帯/真一文字/無我夢中無二無三
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス